MAGAZINE

2018.5.12 Shohey Suyama

​【特集】 Desert Fest Day2 レポート

こんにちは。須山です。

引き続きDesert Fest Day2のレポートをお届けします。

 

5/5土曜日、めちゃめちゃ快晴です。

White Chapelというロンドン東側に宿をとっているんですが、

もし皆さんがこの辺に来る事があったら是非気をつけて頂きたい事があります。

 

土日、電車動いてねぇ!

ロンドンの街は歴史的な建物も多い為、地下鉄の工事を何年もやっているそうで、

土日はある区間の電車が動いてなかったりします。

なので、バスの交通網が結構発達してるんですねぇ〜。

 

さて、我々はグルっと迂回してカムデンへ。

 

本日はリストバンド交換も済ませてあるので、最初からベニューに直行します。

 

さっそくUNDER WORLDでPuppyのライブからスタート。

 

実は2日目特に注目していたのがPuppy

このバンドめちゃめちゃメロディポップで、Desert Festのプレイリスト作ってた時から異質な匂いをギンギンに感じてたんです。

で、ライブスタート。

ニコニコしながらメンバー登場。楽器を手に持って一気に腕を振り下ろすと、え?雷?みたいな爆音が。

そして開始5秒でスティックを折るドラム。マッスルドラム。

でもパワフルなだけじゃない。めちゃヘヴィなロックから、初期エモよろしくメロウなナンバー、疾走感のあるナンバー、とバラエティ豊か。

45分間、一切たるまないセットリストでした。

あと、メンバー3人とも仲が良さそうだし、ノリが軽かったです。

 

さあそして、Puppyを観た後は、Black HeartでついにDesert Fest主催者ジェイクとのミーティング。

そちらの模様はCAMPFIRE内でカヅキが報告してくれてるので読んでみてください。

-CAMPFIRE活動報告-

ミーティングを終え、駅近くの寿司のファストフードチェーンWASABIで昼ごはん。握り寿司はイケるけど、この枝豆だらけの巻き寿司、これを日本で同じ値段で出しやがったら絶対に殴るね!絶対に!ははは!

さて、次のお目当、我ら日本代表マジでナンバー1ドゥーム将軍。

Church Of Miseryを観にElectric Ballroomへ。

 

まず、広い会場内に人がパンパン。

早めに着いてたから前の方まで行けました。

メンバー登場時、前列でChurch Of Miseryコール。

初日のリストバンド交換の時からChurch Of MiseryのTシャツ着てる人多いなとは思っていたけど、すげえ盛り上がりようだわ。(2日目では一番の盛り上がりでした。)

そして、マジカルな演出でテルミンを唸らせてライブスタート。

いつもヘヴィなバンドのライブ見てて思うんですけど、

本当にかっこいいバンドって、メタルとかドゥームとかそのカテゴライズをぶち破って、結果直球なロックンロールに昇華してしまってると思うんですね。

Church Of Miseryのライブはまさにそれ。

タイトで、紛れもなくかっこいいロックをヘヴィに演奏して、ロンドンのストーナーファンのハートをブチのめしていました。

日本人として本当に誇らしい気持ちになりました。

 

そして、もれなく我々もぶちのめされ、Electric Ballroomのバックヤードのスモーキングエリアへ。

入り口脇でタバコ吸っていたら、セクシーなお姉さんにカヅキが話しかけられ、

Church Of Miseryの話に。そしたらそのお姉さん、実はDesert Scene(Desert Festの主催団体)の物販スタッフだったらしく、バックヤードでChurch Of Miseryと写真撮ったんだって。いいなぁ。どっちも。

 

さて、次は、またElectric Ballroomでスラッジ妖怪Weedeater

 

お、お、重てぇ。なんだこのプレッシャーは…。

そんで、Sludge(和訳:ヘドロ)とは良く言ったもので、完全に良い意味で

めっちゃくちゃ音が汚ねぇ。下水の匂いすら感じるね。        

超やさぐれてる。この辺のジャンルがハードコアパンクからの影響を受けてるってこともすごく納得できるわ。

実は、私がドゥームやストーナー、スラッジを聴くようになった20歳の時に出会った数バンドのうちの一つ。

なんだか駄菓子(スラッジ)を食べているような、懐かしい優しい(スラッジな)気持ちになりました。

 

で、Weedeaterを途中退場し、Black Rainbowsを観にUNDER WORLDへ移動。

 

うげげ!超混んでる!

グリグリっと前の方に詰めて行くと、照明が落ち、バンド登場。

イタリアのヘヴィサイケロックバンド、Black Rainbows

ビィゴォジャバババババババババババァァァァァァ!!!!!!!!

と、オープニングノイズもエフェクティヴでサイケデリック。

見た目も70年代してて、イカす。期待しかありません。

事前リサーチでMVとかチェックしてたんだけど、OK、予想通り、サイケ路線で攻めてくるのk…

 

全然違ぇーーーー!!!!!

 

バリバリのブンブンのどストレートなロックじゃんこれ!!!!

サイケって嘘かよ!!!!エフェクターだけかよ!!!!

めちゃめちゃかっこいいよ!!!!好きです!!!!ファンです!!!!

ともかく、ギターもベースもバリバリに歪んでて超ハイゲインなんだけど、

なにせ曲がタイトで、余計な部分が削ぎ落とされて体脂肪0%って感じ。

うらやましいな。

前半はぶっちぎりのロックンロールで会場を踊らせまくります。

中盤に差し掛かると、サイケデリックな要素が増えて行き、甘めなギターフレーズがチラホラ。そして、後半に行くにつれ、どんどんヘヴィにファットにサウンドが変化して行く様はまさにタイダイ模様。

あぁ、サイケってそういうこと?

とにかく45分間いっさい飽きることなく踊らされ続けました。

 

一発でファンになってしまったので、すぐにTシャツ購入。

本当はレコードも欲しかったけど、持ってられないので我慢。

 

Black Rainbows Tシャツを着てホクホクしながら外に出ると、なんと、

Church Of Miseryのメンバーとすれ違い、声をさせて頂きました。

めちゃくちゃ物腰の柔らかい良い人達でした。

ただ、さっきまで1000人近いストーナードゥームファンを熱狂させていたロックスターと握手してもらえて、めちゃめちゃ緊張しました。

写真撮ってもらえば良かったなぁ…。

 

さて、そして、本日のヘッドライナー、High On Fireを観にElectric Ballroomへ。

 

おいマジかよ。めちゃめちゃ並んでるじゃないか。

え?これ間に合う?ちゃんとHigh On Fire観れる?

 

で、並ぶこと30分。やっとの思いでフロアへ行くも、人がギチギチ。

ほとんどステージが見えない。

 

ていうか、もはや、ここがフロアかどうかもわからない。

 

きっとかっこいいんだろうけど、会場の広さも重なり、遠くの音漏れを聴いているだけのような状態に。

マットパイクがかろうじて上裸でメタルをやってるということは確認できました。

 

ということで、退散。

 

Steak Number Eightを観にUNDER WORLDに戻ります。

 

むむ、こっちも上裸だ!!

ベルギーのポストスラッジバンドSteak Number Eight

途中から観たんですが、これは日本のリスナーにも結構ハマりそうだ。

ポストロックのようなプログレッシヴな演奏感。

ISISとかTool、A Perfect Circle好きの人は必聴のバンドですよ。

グッドプレイ。グッドメロディ。

 

それにしても、Desert Festってダラダラ呑んだくれてる人が多いな〜。

みんなゆる〜く自分の時間を好きなように楽しんでる。

ビール美味いし、すげー良い雰囲気。

 

さて、ゆるっとさくっとSteak Number Eightの演奏を楽しんだ後は、

Black Heartへ本日最後。

ポルトガルのロックンロールディザスター、Miss Lavaを観に移動。

 

はい。こちらも長蛇の列。

1時間弱並びました。

え、これMiss Lava終わってるんじゃね?

やっとこさ入場できたのが終了5分前。走ってフロアへ。

あれ、意外とフロア空いてる。さっきの待ち時間なんだったんだよ!

ちくしょう!

 

で、Miss Lavaの演奏、一曲でも観たい!

と思ったら到着30秒で終了。

フロアがありえんほど盛り上がってたんで、きっと良いライブだったんだと思うちくしょう。

あとで彼らのフェイスブック見たらAbby Road渡ってる写真載ってたよ。

Miss Lavaみたかったぜちくしょう。

最後は悔しかったけど、初日とは打って変わって2日目はゆるっと、

ロンドンのストーナーシーンの空気を感じながら楽しめました。

ビール、ロック、最高!

CATEGORY

PICK UP

pickup3.png

WRITER

田中千秋楽​

Tanaka-Senshuraku

ヤマダ ヒロミチ​

Hiromichi Yamada

櫻井螺子​

Neji Sakurai

ミネラル

Mineral

© 2018 by LITTLE REX QUEEN RECORDS