MAGAZINE

​【アルバムレビュー】

愛すべきおバカさんたちのストーナー

Twelve Boar  "No Forgiveness"

2018.10.26 ミネラル

皆さんご機嫌いかが?ミネラルです。

 

すっかり秋めいてきて、秋っていうとなんか、少しおセンチな気分になる季節ってイメージです。

なので、今回は敢えておセンチと真反対バンドを紹介します。

 

 

 

先に写真をドン

引用元: AVE NOCTUM

引用元: Crimson Moon Zine

引用元: Twelve Boar bandcamp

 

バンダナがギターボーカル

テンガロンハットがベース

さらさらロン毛がドラムです。

 

おセンチとは程遠い、、、、、

ギターボーカルの人が、前歯しか生えてない赤ちゃんみたいでラブリー

 

 

絶対良い奴…肩組んできそうな無邪気さ…WANIMAくらいニコニコしてますよ(昔、WANIMAがあまりにも笑顔の写真しかないので、WANIMA 真顔で検索したことがありますが、ほとんどなかったです。)

 

 

そんな彼らの名は

 

Twelve Boar

 

イギリスからこんにちは。

 

アルバムは

IMG_0455.jpg

引用元: Twelve Boar bandcamp

No Forgiveness

 

何このジャケット……いい感じにダサい…

埼玉のヤンキーみたいなイノシシ…

おでこにXll(twelve)のキズ……ん

 

前回前々回と紹介したバンドのジャケットはおしゃれな感じだったから新鮮です。

たまには地元に帰りたいよねって感じ

(私は地元愛ないけど)

 

彼らの曲は以下のURLから聴けます!

https://xiiboar.bandcamp.com/

 

 

 

とりあえずアルバムタイトルの曲から聴きました、

 

 

すちゃっ(ヘッドホンをあてる)

 

 

 

No Forgiveness

 

 

 

 

………?は?

 

 

 

……??まちがえた?これ、Twelve BoarのNo Forgivenessであってるよね?

 

ストーナーロックのバンドだよね?

 

 

以上です。

これが第一印象です。

いや、ほんと、?なんですよ

 

前回のTLONも?でしたけど、ちょっと訳が違う。

 

衝撃ですね、本当。

衝撃なので、1度保留します。

 

先に聞かない方がいいです。笑

いや、先に聞いた方がいいのか?

 

 

 

 

 

とりあえず混乱したので

あとにまわします。

 

Elders From The Deep

 

ん??めちゃくちゃメタル??

でも、まあ、No Forgivenessよりは全然、ストーナーっぽさあるか…にしてもめっちゃメタルやん〜と聞いていたら

 

1:40あたりで突然少しロカビリーになる??狂ってやがるぜ…!

でも、ほんと幻だったんか?って具合に一瞬のロカタイムで、いつの間にかまた元に戻る…

で、さっきのなんだったんだろうか…まあいいか…と聞いて元の調子になれてきたら

ヴォエっ!!

 

えっ、なに、ヴォエっ!って!!どうした!?

と思ったら終わってました。

 

混乱…。スキがあればここぞとばかりにネタを出してくる、ストーナー界のザキヤマとでも呼びましょうか…。

 

 

Snake On A Lead

 

いきなりエンジン全開!マリオカートの一番最初みたいに!!いい疾走感!

その疾走感の中でのキメがかっこいい!!

それにしてもやっぱメタル感強めだな〜!フルスロットル!!!って感じ

中盤で少しラップぽくなる…またぶち込んできたな、

個人的に、このアルバムの中で一番好きです

 

ちなみに、この曲はアーゥッ!!!で終わる。

 

All The Heavy Griffin

 

重いギターでダラダラと始まる…

チラチラっとはいるサスシンが怪しげな雰囲気…珍しくダウナーな曲?

いや、そうはいかない、やっぱテンポ上がるよねー!だって、俺たちtwelve boarだし!AKIRAの「やっとモーターのコイルがあったまってきたぜ…!」って感じ

もう、ほんとすぐテンポあげちゃうんだからー!

むさくるしいオーラィッ!でスイッチオン!

サビのわんふぉざまねー!とぅーふぉーざしょー!ってところは確実に指で1.2.3しちゃうよ…

最後はだんだんとテンポダウンして尽きます。

しっとり終わることもあるんだな

 

 

 

では、問題の曲に戻りますね。

 

 

No Forgiveness

 

 

 

アコギ、?

そしてこの荒野の酒場的なノリ…

足音みたいなドラム…

 

カントリーチック、、、、??、

あれ、さっきのメタル感は??

ボーカルのむさい声は酒臭くてすっごくあってるんだけど

だけださ…

 

流れが急なんだよ笑

 

さっきまでのゴリゴリな感じどこ行ったの!

 

 

いきなりカントリーマアム過ぎる

 

 

 

タイトル、ぜってえ許さねえみたいな意味ですよね多分

 

個人的にこの流れはいい意味で許しません。笑

 

でもね、嫌いじゃないんだなこの曲

カントリーマアム食べたい時あるし

 

 

そしてその後に最初にレビューしたElders From The Deepが始まるという展開、やっぱ戻るんね!笑

 

 

ものすごいフルコースをいただきました。

割とどの曲もみんな好きなハンバーグ!ラーメン!カレー!って感じだったんですけど、

やっぱりカントリーマアムが突然すぎたな…

 

 

 

これまでレビューしたバンドがダウナー感強めだったので、こんな純粋なバカっぽいストーナーバンドもいるんだなーってなりました。笑

メタル基盤なサウンドだけどちょいちょいいろんなジャンルが垣間見えたので、彼らは難しいこと考えずに純粋に音楽好きなんだろうな、って思いました笑

スタジオとかみてみたい……

ジージャンのパッチも絶対好きなバンドニコニコしながらつけたんだろうなあ…愛くるしい…

ずっと音楽の話して盛り上がってそう。

 

バイク乗って葉っぱ吸ってハッピー!なんでもよくねー!?って感じのバンドでした。

 

 

イギリスといえば…

ちょうど一年前にイギリスに行きまして、ブライトンの海が美しかったので忘れられません。

 

死んだらここに灰をまいてくれ!

 

 

今日も一日ストーナー!

CATEGORY

PICK UP

pickup3.png

WRITER

田中千秋楽​

Tanaka-Senshuraku

ヤマダ ヒロミチ​

Hiromichi Yamada

櫻井螺子​

Neji Sakurai

ミネラル

Mineral

© 2018 by LITTLE REX QUEEN RECORDS